よく通っていたTSUTAYAがもうすぐ閉店してしまうので、最後の返却をしにいきました。入ってみると店員は一人しかおらず、ほとんどの商品がなくなっていました。小さなころから新しい物を提供し続けてくれていたこの店がなくなるのは寂しいことです。最後に借りたネバーランドという映画は、ちょっと設定に引っかかるところはあったけれどなかなか面白かったです。

明日はディスカヴァー21社のパーティーに行ってまいります。初めての参加なので緊張しておりますが、楽しい話ができたらいいなと思います。
スポンサーサイト

今日は施設で作業が終わってからは残って書いていたけれど、関連施設の子らがハロウィンをするというので少し参加させていただいた。仮装するような衣装はないのでツイッターのアカウントを印刷してお面にしてみたものの、さっぱりウケないのでやはりジ〇ニャンとかにしておけばよかったかなあと後悔。子供らや職員はそれぞれお化けの格好に仮装していた。ハロウィンらしさが出ていて面白かった。家に帰って犬の散歩を済ますともう日本シリーズが始まっている。どうみてもスワローズが劣勢だけど、必死で戦っていることが伝わる良い試合をしていると思う。

観よう観ようと思いつつ見逃していたDr.倫太郎をHuluで観はじめた。
倫太郎先生の診察は懇切丁寧で素晴らしいと思う。一人の患者に五十分も時間を使うような精神科医には会ったことがないけれど、アメリカでは結構一般的なのだろうか。精神科医自身にも精神科医が必要という話にもおおと唸らされた。とても面白い。
ただ実をいうと1話を観ようとしたら8話を1話と勘違いして観てしまった。それなのに中盤になるまで1話をみていると信じて疑わなかった。自分の鈍さが恥ずかしいけれど、民放のドラマってどこから観ても良いように工夫しているのかな……と感心したものである。

追記 調べたところ、どうも心理療法をやる際には四十~五十分の時間が基準になっているそうです。僕が本格的な心理療法を受けたことがないだけでした。

今年もついに雪が降ってきた。今日は降る前に家に帰ったけれど、明日は路面がかなりやばそうなのでいつも通りの通勤は難しいかもしれない。
疲れがたまっているようで、今日は家に帰ってから十七時まで寝てしまった。寝るのは悪いことではないので、残った時間で小説を書いた。もうちょっと書けば提出分が書きあがると思う。

あまりに寒くて今日は大分活動が鈍っていました。夏は大好きなんですが寒いにはかないません。最低限やらなきゃいけないことをやった後は、ふと夏に書き上げた長編を読み直してみました。改めて読み直すとすごく新鮮な気持ちで読めて、しかも結構面白いのです(自画自賛ですが)。そのうち連載とかに使えないかなと目論んでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。