ここ二日間調子が良い。気のせいでよくなった気がするだけかもしれないけれど、再発するとかそういう心配はなさそうだ。それに減らしたことは確かなので、身体への負担も確実に減るはずなのだよね。
寝起きの改善にも期待したい。明日も早起きしよう。
スポンサーサイト

今日は通院日、薬を少し減らしてもらった。これで寝る前にジプレキサを10mg飲むだけになったので、気持ち的には大分楽だ。しばらくこれで様子を見てみるけれど、睡眠時間の改善を期待している。
帰りに自動販売機で何か買おうと思っていたらごみ入れを漁っている患者がいて、何をしているのかと思えば人が捨てた空き缶の僅かに残った一滴二滴を一缶一缶飲んでいるのだった。入院中でいくら制限されているからといって、これをやっちゃあ……。悲しい気分になった。

その後駅前の床屋で髪を切ってもらっていた。すると横の席で変な子が「後ろ髪だけ切ってください」といって「女の子にもてなきゃしょうがないから、キムタクみたいにしてくれ」と続けた。「あんた後ろ髪だけ切ったんじゃキムタクにはならねえよ」とスタッフにたしなめられていた。おかしいな病院の敷地は抜けたはずなのに、なんだこの延長感、と不思議な気分だった。

なんだか変な人と縁があるなあと思う。

3月末の文学賞目指して書いていたけれど、もう時間ないし意外と小説の先が長いから無理かなと思います。
在宅の仕事もあるから、そっちもしっかりやらなきゃいけないです。
でも25000文字も書いたの久々ですよ。

昨日から枕を取って寝てます。人によって向き不向きがあるようですが、僕は合ってるかもしれませんね。少し眠りが深くなった気がします。

ここのところ大きい仕事をしているので、なかなか趣味に時間をまわせない。
在宅ワーカーは定時がない自由がある代わりに、仕事のある時は集中して時間を使う。
ただ不満はない。具合が悪くなることもほとんどない。
明日は絵の教室があるから、一つ今日一日頑張って仕事を終わらせてしまおうと思う。

今日も8時起き。まだ眠いけどこうやって慣らしていくのが大事だろう。
今日はDTPデザインやWEBデザインの講義があるので、ぜひとも受けに行く。
アビリンピックの勉強がここのところできていないけれど、これをきっかけに一つ火をつけたいものだ。

ジプレキサは副作用で過眠というのがあるのだけど、今日はなんとか8時に起きることができた。
もう寒くないし、眠気さえなんとかすればいいのだ。
今仕事を抱えていて、金曜日までみっちりやる。そして今から職安行ってくる。

今日は絵の教室に行ってきた。
瓶をデッサンしたけれど、歪みのないように描くのが難しい。
勉強しがいのあるモチーフだった。
これで大体半年通ったことになるけれど、画力が伸び悩んでいる気がする。
ホームページにイラストを載せられるのは当分先になりそうだ。
そして明日は小説書く日にする。バーミヤンに籠ろう。

僕の飲んでいるジプレキサという向精神薬は結構な強い薬らしく、下手すりゃ12,3時間は寝てしまうし、自分の能力が常に制限されている気もする。なのでちょっとネット上で調べてみると、僕と同じように寝すぎている人がたくさんいらっしゃった。
色々なことができるようになったので、今更薬を変えたくないのだけど「ジプレキサの半減期は29時間」とか書かれててやっぱり強い薬だなあと感じた。僕よりはるかに少ない処方でも同様の症状が出ているのをみると、多少減らしたくらいじゃあ寝すぎは治らないのかもしれない。
半減期が29時間なら朝の時点では一昨日の分まで効いているのかもしれない。そう考えると薬ってすごいなあ。

ここんところ忙しかったけれど、前からコツコツホームページは作っていたのです。

http://y-sakumoto.main.jp/

ロリポップでサーバーを借りて、ずっと前に作った掲示板(未公開)を試しにアップロードしたところ、問題なく動きました。ロリポップで動くのなら本番でも動きそうなものです。一つここを拠点に勉強を進めていこうと思います。

ここんところなかなか忙しいけれど、前職に就いていた頃より余程精神的に安定している。収入はそりゃあ定職にはかなわないんだけど、限界を超えてやるようなことがないのはありがたい。

前の職場に私は障害者に対しても容赦しない、自分にも他人にも厳しいんだって宣言してるパートのおばちゃんがいた。仕事人としては大変立派なんだけど、障害者雇用とは相性が悪いと思う。

やばい。僕の作品がクランチマガジンの同人誌に載ります。しかも売り上げに応じて原稿料まで……。
一角同人としてはある意味先を越して越されましたけど、興奮が止まらない……。
余談ですが、いつの間に蕪木さんの「余分なNo.21」に順位を越されていまして、一位陥落しておりました。
それでも掲載基準に達せた事がうれしいです。ヒット作書けるように頑張らないとなあ。

在宅の仕事が繁盛していて個人的に打ち込んでいることは休止状態。
すばる文学賞に間に合えばいいんですが、僕の本分は在宅ワークにあるので、
間に合わなかったら間に合わなかったで別の機会で役に立つでしょう。
今やっていることはひらきこもって如何に生活できるかに繋がっていると信じたいですよ。

最近2.5ミリ薬が減ったけれど、ちょうど一時間分睡眠時間も減った。
自分の感覚的にはもう2.5ミリ減らしても大丈夫ではある。ただ多くの精神病患者が自分の采配で薬を調整して再入院しているので、医師と相談しながら慎重に決めるつもりだ。
仕事に集中できるだけ昔と比べたらよっぽどマシだけど、できれば人間が本来発揮できる力(北斗の拳によると30パーセント)くらいは出せるようにしていきたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。