クランチマガジンっていう小説SNSに参加しているんですが、そこがやっている新人賞に応募中なんですよね。それで今日が通過者発表日なんですね。数百人の中から12名だけ選ばれるんですが、入ってるかなー 入ってたらいいなーって思いながら張りついてます。結果は後日。
スポンサーサイト

 僕は平凡な顔をしているが、他人の評価は歳をとるごとに、めまぐるしく変わっていった。
 まず中学生の頃は不細工の代名詞のような扱いを受けていた。当時のクラスメイトたちが自由帳に「連続レイプ魔佐久本庸介容疑者」と書き、全身毛だらけのイラスト付きで馬鹿にしてきた。変な芸もやらされたし、体が弱かったから立場も弱かった。要は滅茶苦茶にいじめられていたのだ。
 それで自分は不細工だと思い、髪の毛は伸ばしっぱなしか坊主にしていた。いっそ武将のようにワイルドになってやろうと髭も剃らなかった。全体写真では自分だけが格好悪く、外見に絶望していた。
 中学を卒業した。久々に床屋に行き、髪を適当に切ってもらい、顔も剃ってもらった。
 高校の制服が届いたので、着替えて洗面所に立った。
 別人が立っていた。
 髭を剃った僕は自分の顔が意外なほどに整っているのに気づいた。目は小さいけれど確かな力があった。高校のブレザーのかっこよさに負けていなかった。自分の人生の中で一番綺麗にみえた。今考えると過去との対比でより際立っていた。
 少し目に力を入れてみると、さらに輝きが増した。それから三年間、僕はこの常に目に力をいれた状態が自分だと思うことにした。
 結果からいうと、高校では「顔はかっこいいけど中身が格好悪い人」という扱いを受けた。友達は一人もできなかったし、ところどころで醜態をさらした。中学の時に受けた軽い扱いが高校で尾を引き、なにが自分なのかもよくわからなかった。
 中学の頃の同級生が「あいつショートカットにしてるよ、サクモトはなにをやってもサクモトなのにね」と陰口をいっているのも聞こえた。
 お前は恵まれているんだよ、といわれたこともある。相手は確かに顔には恵まれていなかった。だけど僕にそういうだけで友達にはなってくれなかった。お前になにがわかる、といってやりたかった。
 それでも僕は目に力をいれていた。今思えば、外見に対するこだわりとコンプレックスに塗れたくだらない男だった。女の子が寄ってきては失望して去っていった。
 人間顔じゃない。大切なのは中身だ。でも中身ってどうやってみつけるのだろう。誰も教えてはくれなかった。周りでは楽しそうに話す同級生、僕は最後まで机の上で寝ているふりをしていた。
 大学に入っていよいよ僕は追いつめられていった。半年後、病院送りになった僕は精神科病棟に隔離され、幻聴と共に過ごすようになった。
 ある日、鏡をみて驚いた。目はつりあがり、大変な不細工になっていたのだ。
 こんなはずはないと指で目をいじった。目に力を入れてみたがやはり醜かった。
 病棟にいるSおばさんに「あんた不細工だねえ、みればみるほど不細工だわ、きっと今まで女の子になんて縁がなかったのねえ」と馬鹿にされた。
 この時ほど情けない気持ちになったことはなかった。子供の頃からずっと不細工だと思っていて、でも実は整った顔をしていた。そうだと思ったらやっぱり不細工だったというのか? 誰かに弄ばれているような気分だった。
 顔だけではない。大学を中退して病人をやっているのだ。どん底ではないか。
 主治医に顔が変わってしまったと訴えたが、薬の副作用でそういう症状はない。きっと太ったからだといわれた。
 そんなはずはない。体重がちょっと増えただけで顔がこんなになるものか。
 部屋にひきこもり、己の不幸を嘆く。鏡をみれば絶望した。そんな日々が一ヶ月続いた。ちょうど一ヶ月したところで幻聴も戻ってきた。
 なぜ僕はいつも受け身なのだろう。目を必要以上に開いているのだって誰かのアクションを求めている証拠である。そうやって十代をずっと生きてきたのだ。貴重な時間を浪費するしかなかったせいか、必要以上にいろいろなことを考えた。
 結局のところそこから始めるしかなかった。同級生と話すのは怖くてもおじさんおばさんとなら気負いなく話せる。無口な少年と思われていた僕はたちまち病棟の人気者になった。特にSおばさんとはよく話すようになった。
「あなた滅茶苦茶不細工だけどかわいいね、あたしが独身だったらあなたと結婚して幸せになるのにな」
 恐ろしい話の飛躍だが、当時は笑って聞き流していた。この話の軽さはなんだったのだろう。
 それから退院してリハビリを始めた。リハビリ所で撮った写真はどれも目が死んでいたが、よくよく考えれば中学からこの歳になるまで自分の個人的な写真などほとんど撮ってこなかった。
 リハビリ所でやっているのはまるで子供の遊びだった。他の同級生が大学で勉強したり、仕事をしたりして家族の生活を支えている間、自分の倍も歳をとった人たちとトランプや卓球をしていた。
 それから三年の月日が経った。試しに三ヶ月だけパートをしたり、県の事業に参加したりした。
 リハビリ所の使い方も自由が利くようになり、週一参加になった。その頃には若い利用者が増えてきて、彼らに小旅行に行こうと誘われた。
 日本三奇橋と呼ばれる猿橋というところを見に行った。瓦のように幾重にも板が重なっていた。なるほど奇妙な橋であった。おもしろいので携帯のカメラで何枚も写真を撮った。スタッフたちが僕らの様子も写真に撮った。
 それからしばらくして写真が現像された。アルバムをみてみると、僕は自分の写真をみつけて仰天した。
 目が生き返っていた。別段かっこよくはなかったが、少なくとも死んだ目はしていなかった。
 鏡をみたいと思いトイレに駆け込んだ。普通の、平凡な顔をしていた。目に力を入れてみた。まあそれなりの顔であった。
 僕は思っていた以上に感動もしなかった。ただほっと胸をなで下ろした。
 徐々に不細工といわれることは少なくなった。昔よりも交友は増え、孤独を感じることも少なくなった。
 もう目に力を入れて歩くのも止めよう、と決意した。平凡であることが、背伸びをしないことが、自分の顔でいられることが、どれだけ幸せなことか今ではわかるからだ。
 多くの人が自分の容姿を気にしないではいられない。化粧をしたり髪を派手に染めたり、中には整形する人もいるだろう。個人的には大いに結構だ。
 だけど顔というものは不安定なもので、体の変化と共に著しく変わってしまう。いつしか人は容姿に対し諦観を持つようになるのではないか。
 上をみても下をみてもキリがないが、自分で納得できればそれでいいのだと、今では心の底から思う次第である。

 この話はあくまで自分だけのもので、他の方にそのまま適用できるものではないと思っております。自分の状態そのものを書きました。それでよろしければお読みいただければと思います。

 私はここ十年間、精神科に通院し続けていますが、大体そのうちの七年間くらいは同じ薬を飲み続けていました。
 発症してから大体二年くらいでその薬で固定されたのですが、常にだるいしやたらと眠るけれど、それまで飲んでいた薬よりは相当改善されたし、今までできなかったことができるようになったので、このままの状態で生きていけると考えました。
 しかし最近になってやたらと眠くなる原因は今飲んでいる薬が多いからだと思うようになり、医師と相談して少しずつ減らしていくことになりました。
 ジプレキサという薬を寝る前に15mg飲んでいたのですが、まず2.5mg減らして、更にもう一回減らし、しばらく様子をみてもう一回減らしました。7.5mgの処方量になり、ようやく半分の量に減らすことができたのです。
 変化はありました。期待したような変化ではありませんでしたが、最悪考えられる再発の兆しは全くみられず、今後どうなるかは別として、私の場合はとりあえず薬を減らすことがマイナスにはなりませんでした。
 ではどういう変化があったか、まず減らした数日間はやたらと調子がよくなりました。頭はクリアになり、色々なことをしても疲れなくなりました。
 ただ、残念なことに数日経つと絶好調さはなりを潜め、前と大して変わらなくなってしまいます。これが有名な「プラシーボ効果」かなとがっくりしたものです。
 ただこれは仮説ですが、多量の薬で抑えられていた部分が一時的に開放されて、調子が良くなったのではないかとも私は感じるのです。そしてだんだん少量になった薬が全体に行きわたるようになり、また調子が元に戻る。あくまで素人の仮説に過ぎませんが、そう考えると自分の中では納得ができます。
 よくよく考えれば15mg飲んでいた頃は調子を崩すと二時間くらい寝ても治らないことがあったけれど、最近はほん少しソフトになった気もするし、薬の作用の強さを考えれば多少の改善があっても不思議ではないだろうと思います。
 私はもう病気じゃなかった頃の自分の体調がよくわかりませんが、健康体というのはかなりスペシャルな状態なのではないかと、おぼろげに、落ち着かない気持ちで考える次第です。

新研究所デザイン2 新研究所デザイン3 新研究所デザイン3-3

色々配色を試行錯誤しています。

新研究所デザイン

デザイン力を上げたいので、とりあえず自分のホームページをもっとなんとかすることにしました。
とりあえず作ってみた設計図。
気軽に入れるイメージで作りましたが、どんなものでしょうね。

簡単なプログラムがさっぱり動かないのでどうしてだろうと思ったら、ちょっとしたスペルミスだった。二日くらい悩んでたけれど、クォーテーションをいじるだけの話だった。まあこれで次の段階に入れるだろうか。
とりあえず問題が来るまではひたすらプログラムを暗記するしかない気がしてきた。難しいけれどそこまで高度なプログラムの問題は出ないと思うのだ。

絵の練習も最近続けている。大会までにカラーイラストを素材にできるレベルになれたらいいなあ。

昨日仕事について微妙な言い回しで日記を書いたけれど、滅茶苦茶苦しい中での判断だから怠けているとは思っていないです。ややこしい言い方だとずるをしているみたいでよくないですね。

今日は職安に行ってきて色々と相談してきました。授産施設も視野に入れて考えています。

ここのところ調子が悪い。毎日色々やってはいるのだけど、色んな意味で調子が悪い。
今日も夜の二時間はほとんど調子を崩してしまった。無理をしたのだと思う。ただ間に長い休みをいれてそれなのでうんざりする。
2年ほど勤めた職場では、具合が悪くなったときに休んでいたので、たまに嘘をついて休んでいるのではないかと疑われた。もしかしたらそれは一理あるのかもしれない。なぜなら自分の中で決めた限界がきたところで休んでいたので、更に症状を悪化させることを覚悟でやれば仕事の続行はできたかもしれない。ただそれで無事家に帰れるかというと帰れなかったと思う。どこまでが限界なのかは自分で決めるしかないのではないか。
明日は職安である。色々考えるところがあって、今のままでいいのかという疑問もある。ただあの苦しみをまた通らねばならないのは辛すぎる。安易に先を選べない恐怖がある。

今日は文学フリマの日だったけれど、東京で調子を崩すことを考えると勇気を出して参加できなかった。相当刺激の強い場だっただろうから、楽しそうでもあり、やっぱり駄目だろうという気持ちもあった。半年後の日程をみてみたらアビリンピックと重なっているので、当分文学フリマに行くチャンスはなくなってしまった。でも今より薬が減って調子が悪くなるスパンが減ったらいけるのかもしれない。ああでも羨ましいなあ。

性悪説と性善説はそもそもそれぞれ別の形体を扱ったものなので比べるのはおかしいという話があるけれど、元々の形体に沿わない今風の解釈で考える時がある。僕が十代に会った多くの人たちは人が苦しんでいても手を差し伸べない、あまつさえ自分で苦しめていても罪悪感で止めることもなく、延々と相手が駄目になるまで放っておくような人ばかりだった。なのでこの世は本当に醜いと思ったものだ。性悪説を強く支持するようになった。
二十代になると大分よくなった。人の気持ちを考えず自分のやりたいようにやるような人にさえ、極力説得し改善に努めるような人もいた。なんとも辛抱強い善人が多くなった。
もちろん環境と関わる人間が変わっただけである。二つの面をみてしまうと性善説も性悪説もどちらとも言い難いと思う次第であった。

ここのところようやく生活習慣が安定してきた。といっても起きるのは8時。寝なおしをしないように起きたらマリオカートを1レースだけやる。するともう眠気は吹っ飛び一日を生きることができる。昔からゲームばかりやっていたせいだろうか、ゲームをするとやたら自分が活性化するのだ。

で、クランチマガジンの新人賞締め切っちゃったけれど、意外と一角のメンバーが出していないのだね。僕はなんだかんだで作品も自己PRもガチで出してしまった。多分優勝はとれないけれど、過程を知るだけでも勉強になりそうで楽しみである。

中国の文化大革命について書いた私の紅衛兵時代という本を最近読んだのだけど、とてもよかった。作者が映画監督をやっているだけあって、理性的かつ丁寧な文章(もっとも訳者もよかったのだろうけれど)は心に染み入るようだった。中国人嫌いな人はこの本を読むと大分身近に感じられるのではないだろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。