今日はジュンク堂に行って本を三冊買い、帰りにスーパーに寄って黒毛和牛の細切れを買ってきました。年末でちょっと贅沢をしたかったのです。六百円もしたけれどやっぱり普通の肉とは大分旨みが違いますね。
今は紅白みながら佐久本傭兵団の原稿書いています。残り二時間もしないで新年になりますね。僕にとって今年は最高の一年でした。来年も上がったり下がったりしながら頑張りたいですね。皆様よいお年を!
スポンサーサイト

今日は久々に友達と会って楽しい時間を過ごすことができた。その後は少し休んでPC事業のJ先生と打ち合わせ、残りの時間は小説の推敲にあてることにする。午前中に推敲した時にはかなりよかったので、これで大丈夫だったらいったん提出することにする。中盤から後が難所なので、残り三日を有効に活用して資料を読み込んでいきたいと思う。今、山梨の外は雪が降っている。今年の2月みたいにどかんと降られたら困るが、季節を感じる程度ならいいものかもしれない。

作業所も今日で仕事納めで、絵の教室も今年最後、いよいよ冬休みがやってきた。
大体やることといえば、執筆と読書、PC事業の仕事なのだけど、それはそれでいい生活だと思う。
他にも部屋の掃除と改造を少しでもしたいけれど、そんなことをやっているうちにあっという間に過ぎていってしまうのだろう。

もう随分長い期間小説の直しをやっていましたが、なんとか今日中間地点まで直すことができました。推敲をした後、今村氏にお送りする予定です。まだいくらか今年も日が残っていますが、あらためて資料を読み込んでいこうと思います。

今日も作業所で他の利用者のサポートにまわった。アビリンピックで勉強した過程は結構なノウハウになり、それなりにわかりやすく教えることができる。良い先輩になれているかはわからないけれど(といっても教えている相手は十以上も年上)。
家に帰ってからは体を休めた後にバーミヤンへ。かなりの枚数を書き、あとちょっと書いて推敲すればもう一度くらい編集に途中経過を送ることができると思う。結構な量の資料も借りたり買ったりしているので、中盤から後の執筆に向けてどんどん読んでいきたい。

聴覚障害の子はどうももう来なさそうである。精神的に不安定なところも見受けられたので仕方のないことなのかもしれない。次同じ障害の実習生が来たらもう少し上手く教えられるといいと思う。家に帰ってからは寝た後に年賀状の印刷をした。あとはおせちでも買えば正月はばっちりである。

今日は休みなので図書館に行き、必要な資料を借りた。執筆の方も4000文字ほど進めた。本当はもう少し進めたかったが、犬の散歩もしなければならないので早めに帰った。
年賀はがきもちょろっとやらねばならないので、とりあえずイラストレーターでひつじ年版佐久本アイコンを作成した。明日はがきを買ってきて印刷しようと思う。

昨日は日帰りで東京に行き、小説の取材をして忘年会に参加した。正直かなり無茶だった。体力は限界で、今日は仕事から帰った後、布団に入ってひたすら夜まで寝ることになった。
ただ今回は滅多にお会いできない人と会うためにどうしても行かねばならなかったのだ。実際素晴らしい忘年会だったし、その前の取材も相手が親切にいろいろと教えてくれて良いイメージを作ることができた。

人と深く話す機会は、ほかの人に比べてずっと少ないと思う。だから昨日は自分にない多くのものを目の当たりにして、いろいろと考えさせられた。しかしながら自分に対して寂しい気分になるのは不毛なことだろうか。

今日は午前中に作業所のクリスマス会。午後に絵の教室のクリスマス会に行ってきた。正直スイーツを取りすぎて糖分過多である。作業所のクリスマス会では女の子に話しかけることは少なく、男ばかりで今後の話をしていた。パソコンで仕事をするというのはやはり楽しいことである。
午後のクリスマス会ではクリスマスカードの交換というものがあって、この前作ったクロクマというキャラクターのカードは十代の若い男の子に貰ってもらった。僕は小学生の男の子の作ったカードをもらったが、まるで自分が同じくらいの年に作ったような粗さがあって大変面白かった。絵の話、小説の話、僕の大好きな歴史の話まで、いろいろな人とコアな話をした。難をいえば午前午後とビンゴゲームをやりすぎて食傷気味ではあった。しかしそれも含めて愉快な一日だった。

聴覚障害の利用者と筆談をしてみた。彼女はあまり手書きで話すのは好きでないらしく、どちらかというとパソコンのメモ帳を使って話したがった。コミュニケーションが上手くとれるとよく笑う。この子が成長して、作業所でガンガン仕事をするようになったら、それは価値のあることだと思う。

文芸サークル一角ではきっちり忘年会が開かれる。サークルの中で僕なんかはほとんど最年長くらいになってしまい、歳をとって若い子らに囲まれたものだなと思う。積もる話は結構あるから聞き苦しくない程度に語りたいものだ。

今日は作業所が終わってから牛丼屋に行った。カレーを頼んで味噌汁はいらないと注文したところ、代わりに福神漬けがなくて味噌汁がついてきた。どうも忙しすぎて注文が反映されなかったらしいが、結構急いでいたし大して問題でもなかったので美味しくいただいた。この辺りは安い飯屋が少ないので労働者がこの店に集中する。実際ありがたい存在だと思う。

午後も昨日と同じくPC事業の仕事をした。ひとまずこの仕事はこれで終わりである。年が変わる前に皮膚の薬を補充しなければならないので、明日あたり行ってくるつもりだ。

今日は作業所に女の子の実習生が来た。
耳が不自由だけどその分、理解しようと真剣な表情で相手の説明に目を向けているのが好印象だった。
いろいろな障害の人が助け合って仕事をするのは作業所にとっていいことだと思う。

午後はPC事業から短期の仕事をもらったので結構な時間取り組んだ。
今、僕は小説を最優先にしているが、PC事業に人手が足りなくてもなかなか力を出すことができず申し訳なく感じていた。たまにはこうして短期の仕事で助けになりたいものである。
今日軽く雪が降ったので、明日は間違いなく路面が凍結しているだろう。バイクで転ばぬよう運転には気を付けたい。

今日は図書館で書いた分の小説を直す作業をしました。
小説書いている人ならわかると思いますが、ほんのちょっとの表現の違いで劇的に変わることがあるので、推敲は念入りにやるべきですね。それが今までかかってしまいましたが、明日みてよければ途中まで提出することにします。
それにしてもかなり寒いですね。朝が本当にきついですよ。

午前中に母を車に連れて(まあ運転のサポートをしてもらっているのですが)選挙に行ってきました。
入れる人は決まっていたのでその通りに書いて投票しました。ちょうど今頃には速報で結果もわかっているのでしょうが、明日職場の新聞で確認すればいいかなと思います。
午後は図書館で執筆。レストランとか喫茶店とかいろいろまわっていたけれど、結局のところ図書館が一番良い環境かもしれません。

昔通っていたコミュニティに久々に顔を出してみた。
途中で調子を崩して退出したけれど、会いたい人の近況が大体わかっていろいろ安心した。
ああいうコミュニティは通い始めると依存するのでお気に入りにはいれない。
また気が向いたら検索して参加しようと思う。

今日も午前中は作業所。データベースの管理ソフトを使って仕事をした。Accessより高性能なソフトはいろいろとあるようだ。
家に帰ってからは少し休んで図書館に行き、四時間近く執筆した。今は小説の直しをやっているけれど、感覚的には新しく書き直しているのと同じである。作品としてはとても良い方向に向かっているし、書いていてとても楽しい。
夜にはニコール・キッドマン主演の映画を観た。名前が有名なのは知っているけれど、意識して観たのははじめてで、真に迫った良い演技をしていたと思う。作品自体がとても良いもので大変満足だった。最近ツタヤでDVDを借りるときはスマホで評判を観て選ぶようにしているが、おかげでアタリの作品に出会うことが多い。

今年は長らく大目標にしていた二つのことで大きな賞をいただくことができた。
クランチノベルス新人賞とアビリンピック全国大会のホームページ部門で銅賞を受賞したのだ。
人生山あり谷ありだからそう遠くない時期におっこちるのだろうけれど、まだ脚はあるのでまた歩いていきたい。

ここのところ午前中は作業所に通い、午後は文章を書いている。作業所ではパソコンの仕事をしていて、新しい技術に触れることも多い。というか無駄に長くパソコンをやっているせいか、他のメンバーのサポートにまわる立場になってしまった。作業所だけに大した金にはならないけれど、楽しくパソコンをやらせてもらっている。

今後はもう少しブログを更新していこうと思う。ただ本当に趣味で書いていくつもりなので、あまり内容には期待できないかもしれない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。