樹氷

絵の教室の帰りに、兄と牟月洸太君、ODA君を合わせた四人で西湖の樹氷まつりに行ってきた。
最初のうちは四人で盛り上がっていたけれど、山道はカーブが激しいので途中からみんな無言になる。西湖に近づくと雪も残っていて、気温も相当に低くなっていた。
西湖に着くと、十数個の樹氷がライトアップされていた。実のところ僕は兄に誘われたものの、樹氷がどんなものかイメージしきれていなかったので、余計その美しさに驚いた。樹氷に水が常時かけられているのも面白かった。気温が低いからかけた水は凍るのだろうか。
赤くライトアップされた「赤富士」という樹氷もあったけれど、他のに比べて出来がイマイチだった。どうしても歪な凸凹になるので富士山を表現するのは向いていない気がする。
一通り見たので食事処に入ってメニューを観ると、カレーがあったので注文することにした。
そしたら幼い女の子が店主のお母さんと一緒に注文にやってきて「注文どしますか!」と一生懸命接客をしてくれて大変和まされた。牟月君と一緒に「かわいいなあ!」と感心していた。
山で食べるカレーは美味いと聞きつつ、レトルトがきたらやだなーと思っていた。そして食べてみると、ちょっと甘口寄りだけど大変おいしいのである。これを食べるためにもう一度西湖に来てもいい、と思えるくらい良いものだった。
近場だったけれどちょっとした小旅行気分を味わえてよかった。樹氷は今月末まで展示されるとのことである。
スポンサーサイト

クランチマガジンがリニューアルされた。同時に佐久本傭兵団も更新されていた。テストユーザー募集が先に来ると思っていたけれど予想以上のスピードである。ろくでもない話でもアップしようかと思ったけれど、佐久本傭兵団と被るのでまたの機会に。
明日は図書館に行きたいと思う。

クランチマガジンのデザインや機能が1月中を目標に新しくなるらしい。機能がよくなってユーザーの使いやすいサイトになるといいなと思う。先行テストユーザーに応募して通ったらストックの作品をなにかひとつ出せればいいと思う。

今日も図書館に行って執筆。4000文字くらい書いて、もうちょっといけるかと思ったけれど5000文字くらいで頭の調子がおかしくなりかけていたので帰ることにした。薬を減らしてから突然死ぬほど苦しくなるのは緩和され、ある程度の調子の悪さが先にくるようになった。正直大分楽である。

今日は久々に友達のライカと遊んだ。カラオケに行って、家で「カタン」というボードゲームをして大変楽しんだ。
鬱憤がたまっているわけではないけれど、気心の知れた相手といろいろ話せてなかなか爽快な気分である。明日からは小説のクライマックスに向けて頑張って直しを進めていきたい。それが終わったらまた友達を集めて卓球でもしようかと思う。

今日は少し時間が余っていたので借りていた映画を観た。僕は少年時代が丁寧に描かれた作品に凄く心が響くようで、映画を観ている途中からいろいろ自分の書きたい作品のアイデアが浮かんでくるほどである。浮かぶアイデア自体は凡庸なのだけど、この感覚は大事にしたい。

ツイキャスを聴いて勉強するという行為に絶望し、それくらいならいっそペン字をやって字が上手くなった方がいいと思い、ペン字の本を購入した。クランチマガジンで投稿している手書き物語が達筆になったら驚かれるかもしれない。元々の字体にも味があるといわれているけれど、拙い字には違いないのでたまーに練習していこうと思う。

今日も作業所で午前中仕事をした後、TSUTAYAに寄ってスティーブン・キング原作の映画を借りた。こうやってハイペースで映画を観られるようになったのも薬を減らして集中力が続くようになったからである。今日もいろいろあって家に帰ってから調子を崩したものの、ここまで回復してくれて本当に良かった。
執筆の方もクライマックスに近づけるため頑張って六千文字程書いた。これを推敲して近いうちに提出したいものだ。

今年もついに雪が降ってきた。今日は降る前に家に帰ったけれど、明日は路面がかなりやばそうなのでいつも通りの通勤は難しいかもしれない。
疲れがたまっているようで、今日は家に帰ってから十七時まで寝てしまった。寝るのは悪いことではないので、残った時間で小説を書いた。もうちょっと書けば提出分が書きあがると思う。

僕は小説で割とスムーズに書ける部分と苦手な部分がありまして、両方とも絶対必要なものです。今書いている作品でも苦手な部分が既に突っ込まれているのですが、今後のためになんとか改善したいと思っています。
で、苦手分野その物をみるために、ツイキャス聞いています。本当は生身の人といろいろ話した方がいいんですが、無理なんで、作業しながら聞いています。凄く勉強になる気がしますねHAHAHA。

今日は作業所から帰ってくると、疲れてすぐに寝てしまった。昨日は二十三時に寝て長いこと寝付けなかったのだけど、それにしても寝過ぎだと思う。十七時まで起きることができなかった。昨日集中して文章を書いたせいかどこかで疲れがたまっていたのだろう。
さっきまで借りてきた歴史の本を読んでいた。600ページくらいあるけれど内容が濃すぎてゆっくりとしか読めない。もちろんとても面白い。

今日は月曜だけど祭日で図書館が開いているので、ポメラを持って執筆しに行った。すると見覚えのある顔をみかけたので何度か目を合わせてみたら、ラボ(美術教室)の生徒のナガツキ君だった。この近くに住んでいるとは聞いていたけれど、図書館で顔を合わせることは予想外だったので驚いた。その流れで執筆が終わったら家にお邪魔することになった。
ナガツキ君の部屋に入れてもらったけれど、本当に絵のために特化した部屋だった。画集も技法書もたくさん持っていたし、パソコンもばっちりMACだった。絵も達者なもので、いろいろと面白い時間を過ごすことができた。
にしてもこの子、僕より十一歳年下なのか、あと一年で干支を一周してしまう。まあ、年齢差はともかくとして先が楽しみである。

今日はW夫妻と一緒にPC事業の拠点の掃除に行った。自分の部屋をろくに片付けないくせに外の掃除は真剣にやるのだから不思議である。他にも印刷作業や諸々あったけれどそんなに時間もとらずスムーズに終わった。なので特別書くようなことはないけれど、W夫妻の顔をみることができてほっとした。
家に帰ってからは借りていた映画を観た。フォレスト・ガンプというトムハンクスの映画なのだけど、これも腹が踊りだすくらい良い映画だった。最近TSUTAYAが108円で映画が借りれるので凄くありがたいと思う。

今日は通院の日だったので朝から病院へ、いつもはテレビで団地ともおが流れているのだけど、今日は違うチャンネルが映っていて不満だった。しかし今日はばっちり家で録画してあったので問題はなかった。診察を待っている途中、十年の付き合いのあるケースワーカーさんと久々にお会いできてよかった。というかこのブログもばっちりチェックしてくれているようで、本当にありがたいことだと思う。
家に帰ってからは二時間睡眠をとり、その後、絵の教室に行った。いつも通り手書き物語を二つ書き、大変充実した時間だった。現代美術のあり方を先生に教えていただいたのが一番の収穫で、価値を発見することもアートだ、という考えがあることを知った。例をあげると、便器にタイトルを「泉」とつけただけでもアート、という話である。価値の置き方を突き詰めていくとややこしすぎて頭がおかしくなりそうだが、面白いかつまらないかでいえばものすごく面白い話だと思う。

今日は帰ってからしばらく休んで佐久本傭兵団の原稿作成に取り組んだ。同時にクロクマも描いた。それだけでもう夜になってしまった。もう少しなにかしようと思ったところで酷く頭がだるくなった。まさかインフルエンザに発症したかと恐ろしくなったが、どうもこういう症状ではないらしい。二時間ほど休み続けたら治ったのでよかったけれど、なんの症状だったのかよくわからない。ただの過労だろうか。

去年の2月頃から薬を減らして、今は3分の1まで減薬に成功している。それによって今までふとしたことで具合が悪くなっていたのがなくなった。代わりによく布団で休むようになったけれど、ある程度の無茶をしなければ調子を崩さなくなった。本を読む効率も上がったし、映画を集中してみられるようになった。これは大変な改善である。
今年はここ十年で一番調子が良い。このまま調子を崩さずやっていければいいのだけど。

今日は図書館に行ってきた。児童書五冊を返した後、個室を借りて執筆。今日もなかなか快調に進んだ。
百科事典が並んでいるのをみると、なにも気にせずにこういう知識を漁ることができたら凄く豊かなことだろうなあと感じる。百科事典はいつになるかわからないが、今日も帰りがけに一冊本を借りた。バナナの世界史という本で、タイトルからして面白そうである。風呂から出たら寝るまでの時間、読書に励もうと思う。

今日も作業所。作業の方は大分効率よく、いつもより2割増しくらい能率が上がった。休み明けは調子がいい。
家に帰ってからはしばらく休んでバーミヤンに行った。チャーハンが50円値上がりしていて少し不満だったが、店の人は増量し味も美味しくなりましたとプラス面を強調していた。執筆の方は結構進んだ。
家に帰ってからは疲れて二時間ほど寝てしまった。その後に新潮文庫のカミュ「異邦人」を読んでみたが、これは大変なものだ。あまりの凄さに食い入るように読んでしまい、読み終わった後は脳が広がっていくような感覚を覚えた。未知の作品は山ほどあるので、今後も読書を続けていこうと思う。新潮文庫は字が読みやすいので今後も好んで買っていきたい。

今日は今年初めての作業所。主力のメンバーが一人欠席。消息知れず心配……。
そのまま来なくなってしまう人もしばしばいるので、なんとか無事戻ってきていただきたい。
休み明けだけど仕事の進みは相当良かった。休んだ分パワーが余っていたらしい。

小説に戦術本、DVDを読んだところで今日から少しずつ書き始め。図書館も使えるようになるのでちょくちょく書きに行こうと思う。明日からは作業所にもいかねばならないけれど、休むだけ休んだからまた頑張ってこよう。

あまりに寒くて今日は大分活動が鈍っていました。夏は大好きなんですが寒いにはかないません。最低限やらなきゃいけないことをやった後は、ふと夏に書き上げた長編を読み直してみました。改めて読み直すとすごく新鮮な気持ちで読めて、しかも結構面白いのです(自画自賛ですが)。そのうち連載とかに使えないかなと目論んでいます。

小説を書くのに必要だったのである児童書シリーズを図書館でどかっと五冊借りていた。一冊は去年読んだのだけど、残り四冊を一気に今日読み切った。一日に小説を一冊以上読むと具合が悪くなるのだけど、児童書は結構いける。しかもかなり面白かったし参考にもなった。正月早々良い読書体験ができた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。