母に大正琴を送ったのですが全然喜んでもらえませんでした。がっかり。とほほ。いやでも気持ちは嬉しいといってもらえたのですが。せめて何が欲しいかくらい聞いておけばよかったです。

青春ロボットは周りの仲間から次々購入報告や感想を聞くことができて喜ばしい限りです。本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

自分ばかり良い思いをしていると罰があたりますね。だからというわけでもないですが、母にギフトを送ることにしました。さっきAmazonでギフト設定して購入しましたよ。しめしめ。

青春ロボット

「青春ロボット」が発売したので早速本屋へ見に行ってきました!
ディスカヴァー社の棚にあるのかと思いましたが、一般小説の棚の方にありました。
宣伝札付きというのが嬉しいですね。

山梨県障害者技能競技大会が今年も開かれるようで、家に募集要項が来ました。今年は国際大会の関係で優勝しても全国大会に行けるわけではありませんが、僕は今年も出るのではないかと思います。ただ肝心のホームページ職種が廃止されてしまっているので、苦手な種目しか残っていません。注げる時間と力を考えると楽しみに行く感じになりそうですかねえ……。
いずれまた全国大会には行きたいですが、できればホームページで戦いたいものです。

Dr.倫太郎の二話をHuluで観ました。妄想もまた大事、という解釈が凄くよかったです。

最近久々にビールを飲んだのですが、その夜四時まで寝られませんでした。
僕の分析ですが、おそらく前は薬が今の三倍処方されていたので、その薬の力で酒を飲んでも寝ることができたけれど、今は最低限の薬しか使っていないので酒による覚醒で寝ることができなくなったのだと思います。
どのみち外で飲めば調子を崩すのだから家飲みしかできなかったのだけど、今後は家飲みもなしかな……とがっくりしています。

今日は墓参りに行ってきました。今までお彼岸の時くらいしか行っていなかったけれど、手元に本があるのだから父と祖父母にみせるべきだと気付いたのです。寺に足を運び、墓の前で本の表紙をみせて自分なりにいろいろと語りかけました。喜んでもらえたかはわかりませんが、自分自身は不思議とプレッシャーが和らぎました。

青春ロボット献本!

ディスカヴァー21社から18日に発売する僕の著書「青春ロボット」を十冊いただきました!
一年近くかけて作り上げた本を手にするのは感慨深いものがあります。
来週木曜日は僕も書店へ見に行きたいですね……!

観よう観ようと思いつつ見逃していたDr.倫太郎をHuluで観はじめた。
倫太郎先生の診察は懇切丁寧で素晴らしいと思う。一人の患者に五十分も時間を使うような精神科医には会ったことがないけれど、アメリカでは結構一般的なのだろうか。精神科医自身にも精神科医が必要という話にもおおと唸らされた。とても面白い。
ただ実をいうと1話を観ようとしたら8話を1話と勘違いして観てしまった。それなのに中盤になるまで1話をみていると信じて疑わなかった。自分の鈍さが恥ずかしいけれど、民放のドラマってどこから観ても良いように工夫しているのかな……と感心したものである。

追記 調べたところ、どうも心理療法をやる際には四十~五十分の時間が基準になっているそうです。僕が本格的な心理療法を受けたことがないだけでした。

今日は新しい仕事が来たので支援員と協力しながら取り組んだ。詳細は書けないのだけど、割と僕の特性が生かせる仕事だったので非常に楽しかった。というか作業所でやる仕事はどれも自分に合っていて、データ入力なんかもマイペースでやらせてもらえるので好きな仕事になった。あとはもう少し工賃をなんとかしたいところだ。

仕事が終わった後は平野卓球センターに行って卓球マシーンを使わせてもらった。僕はツッツキができないのでひたすらツッツキの練習をしていた。すると終わる頃には最初より安定したようなので、少し同好会の人に混ぜてもらって試合をさせてもらった。やはり一方的な負けだったけれど、多少練習の成果がみられたのは喜ばしいことである。

一年間空手をやって挫折して以来、自分が肉体的に強くなることを諦めていたけれど、卓球だったら続けられる気がする。地元の同好会に参加しながら長くできる趣味にしていきたいと思う。

今日は主要メンバーの多くが病欠でした。とはいえまだ仕事が来ていないので、パソコンの入れ替えをしたり、学習している利用者にアドバイスしたりしていました。イラストレーター訳わからないと頭を抱えていた方が徐々に操作を覚えてきているのは良い流れだと思いました。自分の勉強としてはWordpressをやっていますが、とりあえず自分でテーマを作れるようになりたいものです。

明日は卓球をしに行ってきます。せめてまともに試合ができるようレシーブを鍛えるつもりです。

青春ロボット(Amazonのページに飛びます)

去年の八月から書き続けてきた僕の小説がついに出版されます! 発売予定日は6月18日です。書影も近々掲載されるはずです。
長い間、戦っていたように思います。
さらなる戦いが続けられるよう、今後も頑張ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。