今日は山梨県のアビリンピックに行ってきた。最早歴戦の戦士になりつつあるけれど、今年は表計算部門に出場した。表計算というのはExcelの競技で、機能を駆使して表やグラフを指示書通りに作っていく物だ。
結論からいうと僕はまずまずできていた。100点には程遠かったけれど、事前課題で提示された関数を全部予習していたのでデータはほとんど埋めることができたのだ。
それでも去年優勝した年下の子が今年も表計算に出ていたので、ちょっと難しいかなとは思っていた。
しかし結果は優秀賞。ホームページ部門以外の競技で初めて優秀賞をいただくことができて素直に嬉しかった。ここでは何度も賞をもらっているのだからいい加減慣れようと思ったが、脚が小刻みに震えていた。
審査員の方から話を聞くと、2位の年下の子とは相当な僅差だったらしい。どちらが勝ってもおかしくなかった。
来年全国大会に行けるかどうかはわからないけれど、ちょくちょく勉強してExcelの楽しさを知ることができてよかったと思う。いや、来年は父の故郷の山形で開かれるからやっぱり行きたいかなあ。
スポンサーサイト

Kindle壊れていませんでした。電源を押してもUSBに接続しても反応しないので焦ってしまいましたが、カスタマーサービスで再起動の仕方を教えてもらったらなんとかなりました。ははは。

KindlePaperWhiteが壊れた! 一体どうなっているんだ……。
原因は不明。落としたわけでも、水が入ったわけでもなさそうなのだけど。
明日交換の電話を入れてみます。まあ、こういうこともありますわな。

兄と友人のライカで焼き肉を食べにいった。ライカは去年東京から山梨に帰ってきて、今は地元の企業に就職している。ただ前々から話を聞いていると、相当な激務をこなしているらしい。この一年で体重が15キロ痩せたというのには驚いた。肉体労働が大半だからというのもあるだろうけど、さすがに心配になってしまう。
焼き肉はかなりの穴場で、どれも味が良い。特に店の名前がついたカルビが美味かった。一人二千円でお腹いっぱい食べられた。
その後はカラオケに行った。カラオケではなるべく歌ったことのない曲も入れたいので、サイコパス一期後半の主題歌にチャレンジしてみた。全部英語の歌だけどフリガナが振ってあるのでなんとかなった。ゆっくりで発音しやすい場所だけ妙に力が入るのが気恥ずかしかった。

今日は正午から図書館で執筆。5800文字くらい書く。他に予定がなかったので結構集中して作業ができたと思う。休日は図書館が17時で閉まってしまうのが残念。
購入失敗もあったKindleだけど、徐々に活用し始めている。第一号はこれだと思って「火花」を買って読んだけれどなかなか快適だった。紙の本との違いが楽しい。個人的には紙の本は自分から取り込んでいる感じ。電子書籍は文字の方から入ってくる傾向があると思う。これは極端な話ではなく、やや偏っている程度の物である。その微妙な感覚の違いが大きな問題をはらんでいるかもしれないけれど。

今日は水道の横にあるコップ台に手を引っ掛けて沢山のコップを割ってしまった。家族に申し訳ない。
なんだかなにをやっても上手くいかない今日この頃。
落ち込むなあ。

Kindle廉価版を購入した結果。ジップロックからではタッチパネルがほぼ反応しないことが判明。Kindle 防水で深く検索するとそういう記事もあった。完全に購入を失敗した。
結局目的が達成されていないので、ジップロック上からでも反応するKindlePaperWhiteを買うしかないのだけど、どうも一度使用してしまったKindleは返品も交換もできないらしい。
正直この失敗は痛い。10000円という値段もきついし、調べが足りなかった自分にもうんざりする。
何もする気になれない。

僕は長く風呂に入っていられないタチなのですが、やはりある程度は浸かっていないとせっかくの湯がもったいないし、長く浸かった後は血行がよくなって凄く調子が良いのです。そこでタブレットと防水カバーをセットで使えば長風呂に耐えられるのではないかと考え、以前から購入を検討していたKindleと防水カバーを買うことにしました。ちと動機が不純ですが、電子書籍の読書も試していきたいと思います。

結構長いことツイッターをやっている。短文でやりとりできるからコミュニケーションツールとしては凄く良いのだけど、ただ考えを呟くというのが未だに慣れない。140文字で感銘を与えるような呟きができればいいのだけど、むしろその言葉をメモしておいて、いつか作品に使いたい、と思ってしまうのだ。実際短文だからこそ小説、エッセイ等に盛り込みやすい。そういうわけで僕のツイッターにはろくなことが書いてないのである。

十二年も福祉の世界で生きているとその世界での縁が広がっていきますが、最近デイケアで大変お世話になったNさんにある案件について協力していただく機会があり、また連絡を取り合うようになりました。Nさんのフェイスブックの記事を読んでいると、福祉に賭ける思いが伝わってきてやっぱり凄い方だなあと感じました。人の情熱は社会の伸び代になると思います。彼の今後が本当に楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。