世の作家は多分もっと頑張っていると思うのですが、僕は集中して執筆できる時間の限度が大体六時間です。それ以上を超すと明らかな不調がみえてくるので、諦めて家に帰ります。
家に帰った後もなにかしらしたいのですが、ぶっ続けで作業した負担が来るせいか一~二時間くらいは布団で固まってしまいます。その後も疲れはとれないので、しばしば休んでしまいます。
ただこの生活リズムはなかなか合っていると思っていて、もう少し薬が減って体のパフォーマンスがよくなればもっと快適になるのではないかと期待しております。
スポンサーサイト

今日はPC事業のロゴデザインの選考会に行ってきました。PC事業はメンバーが山梨県中に散らばっていて、それぞれ障害を持っている不便さもあり、一堂に会する機会があまりありません。今日は特別な機会だったので結構集まりがよく、郡内の方からも若い身体障碍者のK君が頑張って来てくれて嬉しい気持ちになりました。スカイプを通しても三人が参加してくれました。
僕も一応作品を出したのでちょっとプレゼンのようなことをしたのですが、いくらか空回りしてしまった感があります。いろいろ考えて作ったものの、いまいちロゴ自体の魅力が他の方に劣っていたように思います。他の方のプレゼンを聞いていると、上っ面のテーマをなぞるよりも、強い思いを込めた方が面白い物になるなあと感じました。

コメントをいただきありがとうございます。絵もPC技術も中途半端になっておりますが、少しずつでも伸ばしていきたいです。

日が変わってしまいましたが、ちょっとPC事業で選考会のイベントがあるので、昨日は絵の教室の振り替えに行きました。球体の石膏が課題に出されたのですが、割と綺麗な円が描けた分、濃淡をつけていくのが楽しかったです。ちょっと絵の教室までは距離が遠いので車で行く自信がなく、バイクで行ったのですが、強烈な風に吹かれて大分煽られました。帰りはやたらと寒いしやはり車で行けるようにならないときついかもしれません。

「ひきこもる人と歩む」という本を読みました。うちの県でもひきこもりは問題になっていますが、ひきこもりという行為自体は大事な自己主張という考えを知り、感銘を受けました。当事者だけでなく家族のケアも大事だし、家族が当事者から学んだという体験談も書かれていて、200ページほどだけど考えさせられる時間の多い良い本だと思いました。

今日は山梨県の技能表彰があり、優秀技能者として盾と賞状をいただいてきた。正直ひらきこもり研究所のホームページをみればわかるように、まるで実力が伴っていないのだけど、去年アビリンピック全国大会で銅賞をいただいたことが大きかったらしい。
式自体はマスコミも来ていなかったので、ニュースに流れることもないだろう。それでもこうして選ばれたことは名誉なので、どこかで時間を作ってWEB制作の技術も伸ばしていけたらいいなと思う。今のところ希望に過ぎないけれど……。

今日発売の岳飛伝15巻を買った。あまりに熱中してもう読み切ってしまった。もっとじっくり読めばいいのだろうけど、こういう発売日が待ち遠しくなるほどの本があるのはいいことなのだと思う。

今日はスーツを買いにAOKIに行った。自分に合ったのが予算内で収まりそうだったので購入。あと革靴も壊れたのしか持っていなかったので、シューマートまで行ってサイズぴったりのを購入した。

車であちこち買い物すると、意外と時間が経つのが早く夜になってしまった。帰ってから机に向かって作業をしようと思ったけれどどうにも疲れていて、そのまま布団で寝てしまった。なぜか酷く寒気がしたのでこれは風邪をひいたかなと思いながら布団に包まっていたが、幸いだんだん温かくなってきた。それからしばらく寝続けて、二十時にテレビに起こされた。そういえばハートネットTVを視聴予約していたのだった。番組内でひきこもりだった人たちの芸能プロダクションが紹介されていて驚かされた。これは入りたい人が結構いるのではないか。

番組が終わった後、恐る恐る熱を測ってみたら平熱だったのでとりあえず無事のようである。

僕が参加している純文学同人サイト一角のプロモーション漫画。

一角プロモーション漫画_001

東京近辺の一角メンバーは今頃、文学フリマの打ち上げに行っているのかな。もちろん一角ではなく別のサークルとして……(^O^)

コメントをいただきありがとうございます。僕をみて小説を書きたいと思ってもらえるなんてありがたきことだと思います。偉そうなことをいえた人間ではないですが、豊かで楽しい創作ができると良いですね。

今日もいつも通りの休みの過ごし方をしたので特に変わったことはないのです。
強いていえば、最近自前のスーツが欲しいと思っております。一応親父の持っていた物を使っているのですが、結構昔の物なので大分デザインが古いのです。AOKIとかで多分半額セールがやっているので、良い物が買えればなと思います。

土曜日は午後に絵の教室があるので執筆に集中というわけにはいかないのだけど、それでも午前中はみっちり頑張った。今書いている作品が没になる可能性を考えると怖いけれど、自分にできることはなるたけ良い物に仕上げることだけである。いくつか懸念はあるけれど、そこは書き上げてから相談しようと思う。

今書いているものが終わった後に、ネタがないと執筆することができないので、ちょくちょく余暇にプロットつくりにも取り組んでいる。ある雑誌の取材で56に分けたプロットを作っているとお話ししたけれど、試し書きや掌編を組み立てる際には半分にも8分の1にもできる。これからも続けていけるようにネタのストックは作っておきたい。

絵の教室では十二面体の石膏像をデッサンした。なかなか形をとるのが難しかったけれど、自分なりに鉛筆で角度や長さを計って描いてみた。受験生がやっているようなレベルには到底追いつけないけれど、やはり絵を描くことは楽しいと思う。

実は僕は以前からシュール系の漫画を描くのですが、結構なバイオレンス要素が入っているので、以前ここに載せていた漫画でショックを受けられた方がいました。大変失望されてしまい、僕もかなり心に来るものがありました。
でもやっぱり漫画も僕の創作の一部で、あくまで創作であって誰に悪意を向けるようなものでは決してないです。ぶっちゃけてしまえば漫画の中で人が死にますが、僕自身は別に嗜虐的な趣味も暴力的な人間でもありませんし、平和を愛する人間です。ただ青春ロボットのような小説を書く一方で、ブラックな漫画を描く人間でもあると思っております。
どうしようか迷っていたけれど、やはり趣味として続けていきたいので、ネタを思いついたときには細々とブログに漫画をアップしていきたいです。一応サムネイルにしておくので、バイオレンスなネタが嫌いな方は遠慮いただければ幸いです。

クロクマナンパ

最近肩こりが酷いので、親父が購入していた電動肩たたき機を出してもらい使っている。こんなものに頼らなければならなくなったのがなんとも悲しい限りだけど、使う前と使った後では体の調子が大違いなのだ。全く驚きたる次第である。
近々遠出をする予定で、電車で行こうかと思ったけれど、いささか駅から目的地までの距離が遠いので、車で行ってみようかと考えている。同じ道をずっと走ることになるけれど、山道は全然慣れていないのでいささか不安ではある。道に詳しい人に相談したいところだ。

この時期PC事業の行事が重なる。今日もイベントの会場設営に行ってきた。みんなイベント慣れしているので、それほど時間もかからず立派なブースが完成した。

雨が続くけれど、それだけに車は良い。安全運転を心掛けつつ、快適に使わせてもらっている。会場に行って、家に帰るのも凄く楽になった。ただ事故だけはおっかないので、調子に乗らないようにしたい。

帰ってからは執筆に関わる作業をした。クランチマガジンの今村先生もいっていたけれど、小説を書いていると書いているときにちょっと読み返すときや、推敲をするときも必ず自分の作品を読むわけで、自分自身が誰よりも己の作品の読者になるはずだ。

それでも頭から通して読むときは、居住まいを正してからにする。読みだす前はちょっと緊張してしまう。今日はかなりまとまった文量を読んだけれど、過去に書いた箇所は格別客観的に読める気がした。今の時点で自分自身の感性に訴えかける力はあると思った。あと中盤の難しさを痛感している。まだまだ先は長いけれど、この作品を世に出せるよう毎日頑張りたい。

最近いじめについての本をよく読んでいる。内容が闇に満ちていて気分が悪くなるけれど、本によってそれぞれ視点や考え方が違っていて面白い。今日読んだ「いじめの深層を科学する」という本には、元々人間は獣としての性を持っていて、相手を攻撃しようとする心がある、という考えが載っていた。
そういえば世の中では人を迫害して正義として称賛されることもあれば、人を迫害して悪だと責められることもある。その時々で定義が変わってしまう。ただそのいずれも少なからず攻撃しようとする意志、この本でいえば獣心が働いているわけで、いっそ善悪論よりもわかりやすいのかもしれない。話はいじめからそれるけれど、この本でいう獣心はアニメのサイコパスにあった犯罪係数と似たところがある気がする。

今日は県民の日記念行事のふれあいマーケットに参加。PC事業の理事長やW一家と一緒に仕事をした。理事長の車いすを押して写真を撮りにいった先に、ケバブを出している出店があったので一緒に食べた。マヨネーズを使っている印象があり今まで敬遠していたが、ケチャップだけの味付けにしてもらったので美味しくいただくことができた。期待以上の旨さだった。
途中仕事を抜けて、視覚障碍関係のブースでプロに按摩をしてもらった。按摩をしてくださった方はどうも今年のアビリンピックの同じ会場にいた人だったようで、大変話が合った。というかこの県で視覚障碍の方と出会えば、大抵PC事業にいる視覚障碍者の仲間と繋がりがあるのであった。按摩の方は相当凝っていたようでところどころ痛かったが、その後は嘘のように体が軽くなり、いいことをしていただいたなあと清々しい気分だった。ただ終わりの片付けで結構重い物を運んだせいで腕が筋肉痛である。

帰ってからは読みかけにしていた「日本近代史 坂野潤治・著」を読んだ。明治維新から日中戦争までの80年間を扱っている本で、大変内容の濃い一冊だった。太平洋戦争前後の歴史は特に語られるけれど、それまでの積み重なっていく過程をみることで歴史観なんて全く変わってしまう気がした。小学生の時から歴史の授業が好きだったけれど、その頃からしっかり本を漁っていればよかったとつくづく思う。

今日は通院。待合室で孤独のグルメを読み切った。哀愁とグルメの組み合わせに酷く共感させられてとても面白かった。最近よく宣伝広告で主人公が嫌な店主にアームロックを決めている画像が出てきて気になっていたけれど、実際に読んでみるとやはり良かった。

支援センターに立ち寄ると利用者たちがチキンライスを作っていた。滅茶苦茶いい匂いがして羨ましいなあと思ったら、そのうちの一人が一食分あるから食べませんかと申し出てくれた。孤独のグルメを読んだらリアルでグルメに遭遇できたので嬉しかった。お代として300円払ったけれど、キャッシュバックで156円戻ってきたのでほとんどタダ飯のような感じだった。チキンライスともう一品、コーンポタージュはちょうどいい味でとても美味かった。

しかし良いことばかりではなかった。さっきTSUTAYAから借りてきたミステリー映画を観ていたら、途中でどうしても止まってしまうのだ。多分ブルーレイディスクに傷がついているせいで、これ以上再生できないのだろう。まだ中盤に入る前だったのでいささか肩透かしである。

今日も外でいくらか執筆してきた。満足できる量は書けなかったけれど、確実に先へと進めているのでいずれは書きあがるはずだ。あまり意味のない計算ではあるが、毎日必ず2000文字書きつづければ2カ月で10万文字以上を書くことができる。日によって書く量が変わるのは仕方ないけれど、毎日少しでも書くというのは大事だと思う。

どうも元気が出なかったのでスーパーで半額になっていた肉を買って炒めて食べた。食べている時は力がつく気がしたが、その後やはり布団にダウンしてしまった。美味い食べ物でパワーが出る、というのはあまりないのかもしれないと思った。風呂にでも入った方が元気になる感じはある。

2カ月ぶりくらいに卓球の同好会に参加した。テレビを観てくださった方が何人かいて、凄いじゃんと褒められた。久々の卓球だったが開始後10分くらいでくらっときた。毎週通っていた頃は慣れで大分持久力がついていたが、どうもなくなってしまったらしい。卓球自体は上手くも下手にもなっていなかった。まだその程度のレベルということだろう。あまり長居はできなかったが、体を沢山動かして気持ちがよかった。

今日は甲府中心街の施設であの北方謙三先生をお迎えする読書交流イベントに参加しにいった。自分の身分を明かそうかどうか迷っていたが、周りが書店員の方だったり文学賞受賞者の方だったりして自分からどんどん明かしてしまった。皆さんそれぞれ文学に繋がるような立派な仕事に就かれていた。話す内容も本に関わるバラエティに富んだものばかりで、物凄い刺激を受けた。北方謙三先生はどんどん話をしてくださって、僕も気になっていたことをいくつも質問させていただいた。内容に関しては日記で明かすようなものではない。ただ目の前が開けてくるような感覚に酔った。その先には荒野があった。最後には一緒に写真まで撮らせていただいて、これは一生の宝物である。

今日はずっと外に出ていろいろやっていた。昨日台所で使うための温度計を買い忘れたので、別の100円ショップで探したところ、湯温計というものがあったので購入。200度まで計ることができるらしい。執筆の方はもう少し頑張りたかったけれど、体調を崩す気配がみえたところで引き上げた。
11月は結構予定が埋まっているけれど、明日はなんと北方謙三先生が山梨に来る。僕も客としてイベントに参加する予定だ。遠目からでも良いのでお顔を拝見したいものである。楽しみ楽しみ。

コメントありがとうございます。実をいえば未だに布団に包まって長い時間動けないことはあります。それでも二十代の頃よりはマシですが。

今日は髪を切ってもらいにいって、その後100円ショップでクロッキー帳を何冊も買い込みました。クロッキー帳は絵を描くのもそうですが、ネタ帳みたいなことにも使っております。
家に帰ってからは疲れ果ててさっきまで布団で休んでいました。本当はいろいろ読みたい本があるのですが、疲れていると全然集中力が続かないので駄目です。大分回復したので、残りの時間になにかできればと思います。

朝から雨が降っていて一日中鬱だった。外に出て本を読もうと思ったけれど外出する気力がなく、犬の散歩以外は外に出なかった。その代わり一日中本を読んでいた。読みにくい本だったので本当に一日がかりだった。
昔だったら布団に何時間も包まっていたと思う。ひたすらなにかが貯まるのを待って、二十代の貴重な時間を浪費していた。

今日はある障害についての本を読んだのだけど、その中でちょっとハッとさせられる言葉があった。20万冊の蔵書がある図書館と5万冊しか蔵書のない図書館でも、前者がろくに整理もされていない20万冊だったら、よく整理された5万冊の図書館の方が使いやすい。それは人生における経験も同じではないか、みたいなことが書かれていたのだ。
だからといってすぐになにを変えるわけでもないのだけど、この本を読むのに一日使って良かったと思った。

未だに先月のテレビ放送の反響をいただけて嬉しい限りです。ありがとうございます!

僕は絵がど下手くそですが、ずっと上手くなりたいなりたいと言い続けています。せっかく通うようになった絵画教室も、途中から手書きの物語を書きに行く場所に変わってしまい、それではいけないと思って最近デッサンからやり直しています。本当は毎日描きまくれば一月くらいでも相当上達するのでしょうが、なかなかそういうわけにもいかないのでせめて週に一回くらいは集中して絵に取り組みたいものです。

今、TSUTAYAから借りてきた「セブン」という映画を観ていますが、雰囲気出ていて面白いですね。モーガン・フリーマンとブラッド・ピットのコンビだなんて滅茶苦茶かっこいいなあと思います。

僕はずっと風呂に長く入っていられないタイプでしたが、ここのところKindlePaperwhiteと防水カバーのおかげでそれなりの時間入っていられるようになりました。風呂から出た後は汗をかいて体調がよくなるので良い買い物(経緯はともかくとして)をしたと思います。といっても風呂で小説を読もうとしても、のぼせながら読むわけで、集中力という点ではあまり良い読み方ではない気もします。ですので一度読んだ新書を復習したり、漫画を楽しんだりしています。そのうち弱虫ペダルを揃えたいなと思っています。

文化の日ということで外で本を読んでいたのだけど、二時間程読んだ後、異様に自分が疲れていることに気づき帰宅。そのまま五時間近く寝てしまった。もったいない祭日の使い方をしてしまったけれど、おかげで頭が凄く冴えている。
本といえば今月は北方先生の岳飛伝15巻が出る。子供の頃は漫画本の発売日が待ち遠しかったものだけど、小説でこれだけ発売日を待ち望むことは珍しい。26日の発売日を楽しみに毎日を頑張れる気がする。

今日は気になっていた映画「バクマン。」を観に行った。以前、マッドマックスを観に行った時には4人しか客がいなかったが、今日は平日のこの映画館にしては割と人が入っていたように感じた。周りはみんな若い人ばかりだった。内容は期待以上で、漫画を描くということを、映画としてのビジュアルでぐいぐい魅せられて圧倒されてしまった。漫画家を扱った作品としては不世出の出来なのではないかと思ってしまう。原作で目立った恋愛要素はかなり削られ、熱い部分が強調されていたのも好印象だった。鳥肌が立つほど面白い映画だった。本当に映画館で観てよかった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。