能田達規・作「がらくた屋まんた」が昔一番好きな漫画でした。
単行本も5巻全部そろってます。今じゃJコミで全部読めるらしいですけどね。
最初の頃は滅茶苦茶絵が下手なのですが、ダイナミックな展開のコメディが魅力で全然気になりません。
むしろ絵がパワーアップしてからの方が多少展開が物足りなくなったくらいで。
同じ作者が書いている同じような漫画、「ピース電機店」は逆に読んでいないんですよね。もう本屋でも見かけないし。あっちの方が長く続いているからそろえるのも大変でしょうし、なかなか手がつけられません。
いっそあっちがJコミに登録されれば良いのに。
まあこれだけ漫画も多様化してくると、電子書籍の存在は確かに便利ですよね。「電撃ドクターモアイ君」ももうJコミにあるからいらないなあ……なんで取っておいたのでしょう。
でもがらくた屋まん太は生きている限り保存しておくつもりです。
スポンサーサイト

歴史小説の切なさ

千早茜・作 「魚神」

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。