前日に引き続きパルムの僧院下巻を読む。昔じゃ一日経っても読み終えないような読みにくい本だったけれど、今は普通に読める。
ついに主人公逮捕されて独房入りになるけれど、むしろ好きな女の子と距離が縮まって嬉しいという意外な展開。
恋愛に大して冷めているとばかり思っていたのに、実は恋というものがどういうものかわかっていなかったようです。ここからはもう女の子に夢中で、その娘とどうくっつくかに腐心することになります。例によってやりたい放題。彼に比べれば「カツ・コバヤシ」なんてどれほど理性的かわかりませんよ。
最後の50ページは前にも勝る急展開で、タイトル通り終わっていく感じです。話の中に無駄が多く、読みにくいところもありますが、恋愛感情の書き方が凄くうまくて、主人公以上に他の人物も魅力的なんですね。時の洗礼を受けた作品ということなのでしょうか。
スポンサーサイト

ホームページリニューアル

パルムの僧院を読む

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。