母が突然花見に行きたいといいだした。
花見といっても、公園を車で回るだけである。三十分とかからないだろう。
うちの母親は問題は多々起こすが、自分の楽しみを主張することは珍しい。
あまりに些細なことだったので、付き合うことにした。
四月のはじめだが、風やら雨で大分桜が散っている。それでも五分くらいは残っていた。
それなりに楽しんでもらえたのだろうか。
スポンサーサイト

自作小説「夜を照らす魂」原稿用紙16枚分

雨で外に出ず

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。