久々に三国志7のPSP版を出してプレイした。
三国志7では登場する何百もの武将一人を選び、その武将の立場で遊ぶことができるのだ。
自由度が高そうで意外としょぼかったりするのだけど、それなりに楽しめる。
とりあえず北方謙三三国志で大活躍の張衛でプレイしたよ! 横山光輝の漫画ではスパッと首を切られる
役割だけど、北方謙三版では比較にならないほど重要な人物だったりする。

結果、中国の半分を占領して飽きて終わった。コーエーのゲームは中盤から後半にかけてただの作業になりがちなので、最後までプレイする気力が湧かないのだよね。
スポンサーサイト

レマルク・作「西部戦線異状なし」

朝比奈あすか「憂鬱なハスビーン」

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。