花巻東の千葉君。カット打法をルールに抵触しているといわれて、
今日の試合は粘りが全くみられませんでした。
あれ? と思いました。早いカウントから打って凡退していました。

ルールに抵触しているといわれればあれなんですが、156センチの小兵が一軍として戦うために、
努力して身につけた打法が、こんなギリギリのところで否定されちゃうのは残酷な話だと思います。
今までのはなんだった、という話にもなるでしょう。
確かにやられる相手としては、ヒット打つ気ない相手と戦うわけだから、相当投げにくいし嫌だと思うけれど、僕は千葉君の粘りもみたかったんですよね。
あの号泣にはただ負けた以上のものがあったと思います。

今回は敵を作りすぎたのかもしれません。半分白けたしどうせ用があってみられないので、
今年はこれで良いかな、甲子園は。
スポンサーサイト

身体を労わる

速読再開

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。