クランチノベルス新人賞用作品200枚突破しました。いよいよ後半パートです。
面白いかどうかわかりませんが、プロットに沿って心の筋肉で書いています。
といっても近いうちに発表される最終選考に残ってなかったら扱いを考えねばならない作品ではありますが。
でも書いているうちに長編をコンスタントに書くやり方の手ごたえを掴んだ気がします。あとはネタが続くかですね。
すっからかんの器の中に新たな物質が入ってくることを期待しております。
スポンサーサイト

書き上げの目処

己の狂いを注ぎ込む

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。