文芸サークル一角ではきっちり忘年会が開かれる。サークルの中で僕なんかはほとんど最年長くらいになってしまい、歳をとって若い子らに囲まれたものだなと思う。積もる話は結構あるから聞き苦しくない程度に語りたいものだ。
スポンサーサイト

筆談

松屋

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。