手書き物語を美術教室で毎回書いているので、徐々に字が上達している。というのもペン字の本でたまに勉強している効果が大きいのだけど、手書き物語で数をこなすことでより定着しているようだ。手書き物語自体も、毎週一つ作品ができているわけで、これはなかなか楽しいことである。あと二作描くとスケッチブックが一冊埋まる予定。
スポンサーサイト

江戸の食文化

日本の歴史

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。