卓球部所属時にはろくに打てなかったツッツキを、今日近くの小学校のサークルで練習してきた。上手くいったかと思えば勘を失うの繰り返しだったけれど、徐々に慣れれば物にできるかもしれない、という感覚があった。皆が受け入れてくれるし、上達もするので楽しい。
スポンサーサイト

手書き物語一冊完成

江戸の食文化

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。