観よう観ようと思いつつ見逃していたDr.倫太郎をHuluで観はじめた。
倫太郎先生の診察は懇切丁寧で素晴らしいと思う。一人の患者に五十分も時間を使うような精神科医には会ったことがないけれど、アメリカでは結構一般的なのだろうか。精神科医自身にも精神科医が必要という話にもおおと唸らされた。とても面白い。
ただ実をいうと1話を観ようとしたら8話を1話と勘違いして観てしまった。それなのに中盤になるまで1話をみていると信じて疑わなかった。自分の鈍さが恥ずかしいけれど、民放のドラマってどこから観ても良いように工夫しているのかな……と感心したものである。

追記 調べたところ、どうも心理療法をやる際には四十~五十分の時間が基準になっているそうです。僕が本格的な心理療法を受けたことがないだけでした。
スポンサーサイト

青春ロボット製本

ツッツキの練習

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。