今日は県民の日記念行事のふれあいマーケットに参加。PC事業の理事長やW一家と一緒に仕事をした。理事長の車いすを押して写真を撮りにいった先に、ケバブを出している出店があったので一緒に食べた。マヨネーズを使っている印象があり今まで敬遠していたが、ケチャップだけの味付けにしてもらったので美味しくいただくことができた。期待以上の旨さだった。
途中仕事を抜けて、視覚障碍関係のブースでプロに按摩をしてもらった。按摩をしてくださった方はどうも今年のアビリンピックの同じ会場にいた人だったようで、大変話が合った。というかこの県で視覚障碍の方と出会えば、大抵PC事業にいる視覚障碍者の仲間と繋がりがあるのであった。按摩の方は相当凝っていたようでところどころ痛かったが、その後は嘘のように体が軽くなり、いいことをしていただいたなあと清々しい気分だった。ただ終わりの片付けで結構重い物を運んだせいで腕が筋肉痛である。

帰ってからは読みかけにしていた「日本近代史 坂野潤治・著」を読んだ。明治維新から日中戦争までの80年間を扱っている本で、大変内容の濃い一冊だった。太平洋戦争前後の歴史は特に語られるけれど、それまでの積み重なっていく過程をみることで歴史観なんて全く変わってしまう気がした。小学生の時から歴史の授業が好きだったけれど、その頃からしっかり本を漁っていればよかったとつくづく思う。
スポンサーサイト

善悪より獣心?

グルメ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。