今日は戦国時代の社会に関しての本を読んでみた。戦国は江戸に比べると大分史料に乏しいと聞いていたのだけど、この本に書いてあるところによると、有名な織田家が民をどう統治していたかとか、全然残っていないらしい。ただ関東に勢力のあった北条家に限っては相当残っているようで、ほとんど北条家周辺に関する記述ばかりだった。これだけわかっているのならば物語にしたらさぞかし緻密な展開が描けるだろうけれど、周りの武将に比べてイマイチ人気が低いのが北条家の人たちであった。
とはいえ世には戦国小説は数多とあるわけで、史料のない箇所はどのように補っているのか気になるところである。
スポンサーサイト

振り返り、来年の抱負

施設のクリスマスパーティー

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。